直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 妄想を価値あるアイデアにつなげる力


 イノベーションとは、ほとんどの人が気づかないような新たな‘問い’を発見し、その問いに‘答え’を見つける行為である。しかし、これを「利益を生み出す画期的なアイデア」と誤読する企業経営者は多い。

 彼らはリスクを恐れるあまり、そのアイデアを実行に移せずにお蔵入りさせてしまう。このような閉鎖的な状況に佐宗氏は、他者モード(自分がどう感じるかよりも、どうすれば顧客が満足するかを考える手法)の限界を説く。

 一つの正解がない時代に指標となるのは、個人の「こうしたい!」という妄想(ビジョン)であり、揺るがない強い意思を貫くことであると…。

 本フォーラムでは、これからの組織経営に欠かせないリソースとなる、一人ひとりの妄想を推進力にした、知的創造の新技法「ビジョン思考」について紹介します。


【日 時】2019年9月25日(水)14:00~16:00
【会 場】大阪産業創造館 4階 イベントホール(大阪市中央区本町1-4-5)
【対 象】創業・ベンチャー企業、中小企業経営者、商品企画・開発担当者、デザイナー等
【受講料】3,000円
【定 員】100名
【共 催】公益財団法人 大阪産業局(大阪産業創造館)
【講 師】株式会社 BIOTOPE 代表/チーフ・ストラテジック・デザイナー
     佐宗 邦威 氏
【略 歴】P&Gやソニーで、ヒット商品のマーケティング、新規事業の創出に携わった後、
     共創型戦略デザインファーム「BIOTOPE」を立ち上げ、多種多様な企業・組織の
     イノベーションをプロデュースする。


2019大阪府デザイン・オープン・カレッジ フォーラム