桐の子供椅子 CHOCON


CHOCON(ちょこん)は桐箪笥の素材・製法を活かした乳幼児用の椅子。

「大阪泉州 初音の家具」として100年の歴史を持つ田中家具製作所の伝統工芸士とデザイナー・乾陽亮さんとの共同開発で生まれました。
子供でも持ち運べるほど軽く、畳の上でも使えるほど柔らかい桐は、子供用家具の素材としてこのうえなく適しています。

白い木肌の質感を感じて頂くため、仕上げは木目を潰さないカンナ仕上げとし、さらりとした手触りを残しています。
また、置き方を変えることで座面の高さが変わり、子供の成長と共に使い方を変えることができます。

一番低い座面は138mm。背もたれと手すりが高めで、生後7か月頃の赤ちゃんから使用可能です。裏返すと座面が210mmの背もたれと手すりつきの子ども用に。さらに向きを変えると300mmの大人も子どもも座れるスツールへと、3通りの座り方が楽しめます。

さらに座面後部には手掛りになる隙間を設けることで、小さな子供でも軽く持ち上げられ、運びやすくしています。
側面は、金具などを使わない伝統技術の蟻継ぎを見せるとともに、座面板が浮いているようホゾを切って軽やかな印象を持たせることを意図しました。

永く愛用して頂ける品質の高い子供椅子を通じて、桐という素材の魅力、そして大阪泉州桐箪笥とその技術に触れて頂く機会となることを願っています。

2019年度 大阪製ブランド認証商品


大阪製ブランド「桐の子供椅子 CHOCON」

初音の家具



タグ:大阪府 近畿 匠人 家具 木工品