shitatari : PRODUCED BY HAREBI


一滴からひろがる美味しさ、無限大

大阪の町工場で100年超の歴史を歩んできた中川鉄工は、 得意の薄肉切削加工で難切材であるステンレスの特性を活かした、 これまでにない製品を模索していました。
プロダクトデザイナーの鈴木康祐氏(Breath.Design)と真っ向から向き合い、日本酒をいかにして愉しめるか、連日新しい形状を作っては呑み、ヘロヘロになりながら、一つの完成形を目指しました。

そんな、日本酒の原点を再考していたときに思いついたのは、「じかに日本酒を触ることができないか」と言う発想。
薄肉切削で飲み口を極力薄く加工し、他の酒器とは違う感覚で日本酒を感じることを目標にたどり着いたのがshitatariのデザインです。

持ち上げると受け皿に一滴一滴したたり落ち、水面に広がる波紋のように見とれてしまう。
まるで日本酒が出来上がるまでの過程を改めて見つめ直しているような、息をのむ一瞬の美しさを感じさせる魅力的な酒器です。

2019年度 大阪製ブランド認証商品


大阪製ブランド「shitatari : PRODUCED BY HAREBI」

shitatari



タグ:大阪府 近畿 技術 金工品