NOKORI-FUKU のこり福 ワインタオル


タオルの原料はコットン(綿花)、つまり農産物です。しかし、それも日々生産していると忘れがちになってしまいます。

国産タオルの二大生産地のひとつ泉州で、大正15年に創業した袋谷タオルでは「自分たちの工業製品は農産物があるからこそできるのだ」と強く意識しています。

地元野菜で染めたタオルづくりからはじまり、役目を終えた自然素材からこれまでにない色をどうすれば抽出できるか格闘を続けてきました。
そして誕生したのが、この色鮮やかな「NOKORI-FUKU のこり福 ワインタオル」です。

河内ワイン・マスカットベリーAの、醸造後の残った澱(おり)などが入った原液を余すことなく染料として使用し、伝統の後晒を用いて天然の特殊な染色をしているので、深みのあるワインレッドにもかかわらず、高い吸水性を保っています。

このワインの深い赤を忠実に再現するため、そしてよりソフトな風合いを実現するため、糸から新しく開発しました。
柔らかな無撚糸を80番単糸の細糸で毛羽落ちしないようにカバーリングすることで、ふっくらと弾力性のある優しい心地よさと耐久性を両立しています。

ネーミングは「残りものには福がある」ということわざどおり、プレゼントした人に福が渡ってくよう願いをこめて。
大切なあの人に贈る、そんなプレミアムギフトにふさわしい逸品です。

2018年度 大阪製ブランド認証商品


大阪製ブランド「NOKORI-FUKU のこり福 ワインタオル」

NOKORI-FUKU「のこり福」



タグ:大阪府 近畿 技術 織物 染物