DOMIGO


それは2014年の夏休みのこと。小学5年生の男の子が自由課題を考えていて、「たくさんのドミノを糸で繋げると簡単に立てることが出来ないか?」と思いついた。
父親に相談し、2人でいろいろ試作した結果、そのアイデアが形になりました。

これにヒントを得てつくられたのが、ドミノ型の積み木「DOMIGO」です。

5つの積み木が糸でつながっていて、両端の積み木を引っ張ることで一瞬で立ち上がる新感覚の玩具です。
糸でつながっているので、普通の積木ではできないような形もつくることができ、用意された「チャレンジパズル問題」で遊べます。

使用しているブナ材はドイツのポールマイヤー社が生産管理するビーチ材。
伐採した木材に防腐剤を一切使用せず、作る過程でも接着剤や塗料は一切使用していませんので、安心して子どもに与えることができます。

冒頭の少年の父親が開発を担当するノチダは、金属加工専門の会社。
そのため商品開発にあたっては、まず穴開けの段階で温度・湿度に左右される木という自然素材に、金属加工のエキスパートたちも戸惑ったといいます。
しかし、加工を効率化する治具を工程ごとにつくることでこの難題をクリア。

子どもが柔らかい頭で考えたアイデアを、プロフェショナルな職人の手でつくりあげた木の玩具は、指先からその温もりが感じられるでしょう。

2016年度 大阪製ブランド認証商品


大阪製ブランド「DOMIGO」

Yahoo!ショッピング



タグ:大阪府 近畿 素材 玩具