coconos®(ココノス)


積み木×ビー玉=遊び方は無限大。
端材から想像力をかき立てる玩具へ。

誰もが子ども時代に親しんだことのある積み木。イマジネーションを駆使して一つひとつ丁寧に、辛抱強く積んでいく。
それを発展させ、見えない空間まで考えながら、ビー玉が転がる道をつくる。そんな積み木遊びができるのが「coconos®」。

開発した大徳木管工業の岩川さんはユニークな経歴の持ち主です。保育士を目指して入った大学でスノーボードと出会いプロの道へ。
引退後は家業の電線ドラムを製造する工場で働いていましたが、製造過程で発生する上質なブナ合板の端材を捨てるのがもったいなくて、娘のために積み木を作ったことから開発物語ははじまる。

あるとき、ビー玉で遊んでいた娘を見て、岩川さんはひらめきました。「積み木に穴を開けて、ビー玉を転がせるようにしたらどうだろう?」。
大学で学んだ幼児教育の知識と精密な木材加工の技術を活かして試行錯誤する日々を積み重ね、完成したのが「coconos®」。

積み木を収納する木箱にも秘密があります。並べ方を工夫すれば箱の中にも玉の道を作れる、というパズルの要素も加わり、遊びの幅が広がりました。
ネーミングも遊びから生まれました。「次はどこに乗せる?」という問いに、娘が「うーん、ここ乗す!」。そんなやり取りからcoconosという名前が誕生。

決められたゴールはなく、パーツの意味を理解して「ここをつなげて、こう重ねて」と想像力を働かせながら遊ぶことで、創造力や集中力が養われていきます。

そんな、スノーボードの遊び心と、幼児教育の専門知識、そしてものづくりの技術。岩川さんがこれまでの人生で得たものが、全部つながって生まれたのがcoconosです。
一つ一つ手づくりでお届けするこの玩具が、子ども達の人生を豊かにすることを願います。

2021年度 大阪製ブランド認証商品


大阪製ブランド「coconos®(ココノス)」

COCONOSオンラインサイト