純国産黒文字ようじ


茶道において、お抹茶をいただく前に出される和菓子を切って口に運ぶための道具が「黒文字楊枝」です。

この楊枝の原料には「クロモジ」というクスノキ科の樹木が使われています。
艶のある美しい黒色とさわやかな香りは、殺菌作用があることから、茶道の席をはじめ和菓子をいただく道具として一般にも広く普及してきました。

河内長野周辺はもともとこのクロモジやウツギが多く自生していたことから、黒文字楊枝や爪楊枝の生産地として発展した地域です。
しかし、今はほとんどが安価な外国産にとって代わられ、いつのまにか材料のクロモジも手に入りにくくなりました。

この国産の黒文字楊枝を、地元の老舗爪楊枝メーカー菊水産業が再び製造機械を開発し、原材料が採れる山を探すところからはじめて見事に復活させました。

パッケージには奥河内の原風景、四季折々の季節を感じさせる起伏に飛んだ山々、川面に姿を映す太陽などがデザインされています。
中を開けると着物をモチーフにした包装紙に大切にくるまれた黒文字楊枝が見えます。

正真正銘のMade in Japanにこだわった、凛とした色合いが特徴の純国産黒文字楊枝。
もらって嬉しい、飾って絵になる上品な包装で、お菓子とともに大切な人への贈り物として添えれば、喜ばれること請け合いです。

2016年度 大阪製ブランド認証商品


大阪製ブランド「純国産黒文字ようじ」

MACHICOCO STORE



タグ:大阪府 近畿 素材 キッチンウェア 木工品