ハシ鉄


お箸の形そのものが迫ってくるスピード感あふれる新幹線を表現しているのでは?・・と思いついたのは、大阪から名古屋に出張する近鉄特急の電車の中でした。
新幹線の中ではなかったのが皮肉ではありますが、それを思いついてからすぐに自分のプラスティック製のお箸を削ってモデルを作ってみました。(開発者談)

昭和24年創業の玩具メーカーの妥協しないものづくりのスタンスを継承し、実用的かつ遊び心あふれる製品を企画開発してきた「ダイワトーイ」。
玩具の多様化により転換期を迎え、「プラスチック成型を活かした日本製品を」と日々考えていた頃にひらめいたのが「ハシ鉄」でした。

ハシ鉄シリーズは、高度な成型技術と繊細な印刷技術を追求し、まるで⼩さなトンネルから出てきているようにパッケージの細部までこだわり、ハシには本物の電⾞のようなデザインを施しています。

駅などで発売すると、すぐに子ども用サイズを熱望され、翌年には「ハシ鉄キッズ」も誕生!
「お箸をおもちゃ代わりにされないだろうか?」という心配をよそに、「お箸嫌いの子どもが喜んで使うようになった」という声が多数寄せられました。

車両の種類も多彩になり、親から子・孫へのギフト需要も高まっています。

2014年度 大阪製ブランド認証商品


大阪製ブランド「ハシ鉄」

駅鉄オンラインショップ



タグ:大阪府 近畿 技術 キッチンウェア 日用品