あっち・こっちスイッチ


 「あっち・こっちスイッチ」は様々な方向からの入力に対応して動作することができるスイッチです。
 コンベックス(金属製のメジャー)を伸ばして遊んでいる時、このフレキシブルな特徴を何かに応用できないか…と発想したことがきっかけで製品化されました。
 例えば、病院などで一般的に使用されているナースコールスイッチは、高齢者や指の不自由な方などには押すことが大変困難です。でも、このスイッチなら大丈夫です。
 また、物体を検出する場合などには、検出相手の形状が定まっていないと検出するのが難しい時があります。でも、このスイッチなら大丈夫です。
 現在、民生用途だけではなく、開閉検知・衝突検知などの産業分野への用途を検討しており、パートナーを探しています。




山梨県工業技術センター



タグ:山梨県 広域関東 工業製品 技術