桐と暮らす「雄勝の林業」×「春日部の工芸技術」農商工連携事業


 桐材の希少価値がますます上がる国産桐産地のなかでも秋田県雄勝地方に育った桐は、国内最上級の品質と評価されています。一方、江戸時代より約300年の歴史をもつ桐工芸の街、埼玉県春日部では 伝統的な桐加工の技術が、腕の確かな工匠たちによって脈々と受け継がれています。
 雄勝と春日部。桐に関わる2つの地が手を結び、現代の暮らしにあった、まったく新しい桐の家具と雑貨を世に送り出すことになりました。日本独特の気候風土の中で、古来より大切な品々の保存を任されてきた桐の特性をもっと自由に、もっと楽しく、もっと身近に活かしていきたい。メイド・イン・ジャパンだからこそ実現できる品質とデザインで21世紀の日本に「桐のある暮らし」を提案すると共に世界に向けても、日本の桐工芸の素晴らしさを広く発信していきます。




埼玉県産業技術総合センター



タグ:埼玉県 広域関東 木工品 家具 素材 匠人