白兎(はくと)神社の縁結びお守り


鳥取県東部に位置する白兎海岸は、古事記に登場する「因幡(いなば)の白うさぎ」の舞台として知られる観光地です。その白兎海岸の眼前に立つ白兎神社は、出雲の大国主命と八上姫との縁を取り持った白うさぎを祀る由緒ある神社として知られています。
(株)ティエスピーが制作し、白兎神社だけで販売しているこのお守りは、神社の神様であるうさぎをかたどったお守り。お守りの中の木札は県産の杉材を使用し、レーザー加工機で刻印・カットされています。お守りは神社で祈祷され、人と人との縁を結ぶお守りとして人気を集めています。


地方独立行政法人 鳥取県産業技術センター

株式会社ティエスピー



タグ:鳥取県 中国・四国 木工品 技術 素材 お守り レーザー加工 観光みやげ