KISOMURA「木の匠」木工製品ブランド化


 信州木曽谷は、古くから木材の生産地として知られ、木曽川の源流に位置する木祖村は数百年に及ぶ木工製品の生産地です。
 KISOMURA「木の匠」は、長野県木曽郡木祖村の木祖産業協同組合のブランドで、職人たちは、歴史と伝統を大切に活かしながら、現代の暮らしに調和した道具を作るべく果敢に挑戦しています。
 基本的に木曽地域の木材を使用しており、「木の香り、木目の美しさに『ちょっとモダンな』をプラス」をコンセプトに、伝統工芸品である「お六櫛」をはじめ、ろくろ製品や桶、画材などを中心に生活に密着した商品を製作しています。




長野県工業技術総合センター

KISOMURA「木の匠」



タグ:長野県 広域関東 木工品 素材 匠人