KINU*WASHI 伝統型染絹と和紙の融合


 信州の南に位置する飯田地域に伝わる型染め絹と、北信州・飯山地域の伝統工芸品である内山紙を融合させた新しい素材を開発し、「KINU*WASHI」というブランド名でトートバッグなどのファッション小物商品を展開しています。
 絹と和紙からできている素材は、大変軽く、使い込むほどに柔らかくしなやかになる“優しさ”が特長です。
 染型の伝統的な小紋柄の図案を、現代的な流行を意識した配色で染め上げた絹は、和装だけでなく、洋装が主流となった現代生活に広く溶け込めるデザインとなっています。絹と和紙の風合いが活かされた、古くて新しい商品です。
 環境に大きな負荷をかけない素材、製法により心豊かな暮らしのかたちの提案を目指しています。




長野県工業技術総合センター

創作染工房久



タグ:長野県 広域関東 染物 素材 技術 伝統工芸