「四季の甘酒シリーズ」「さわやか甘酒」


 信州の東に位置する上田市塩田平は、美味しいお米の産地です。そのお米で日本酒の製造を100年余り営んできた地元の醸造所が、地域の食材を活かした特産品の創生を目指して、従来にない新しい甘酒を開発しました。
 長野県で生まれた酒米「美山錦」から造った自社甘酒に、地域産のりんごの他、葡萄のジュースや、赤紫蘇のエキス、杏のピューレなどをブレンドした、すっきりとした味わいの甘酒です。「四季の甘酒」としてシリーズ化しました。
 また、夏に冷やして美味しく飲める「ラブレ菌発酵“さわやか甘酒”」を新たに開発するなど、信州真田の里から、地域に根差した新たな食文化が生まれています。




長野県工業技術総合センター

若林醸造株式会社



タグ:長野県 広域関東 食品 素材 技術