「ERGO+2」岐阜県/関市の企業との コラボレーション


 タケフナイフビレッジ(協)は創立20年程度と日は浅いものの、11人の越前打刃物伝統工芸師がまさに鎬を削るように技と感性を磨きあいながら、700有余年にわたる「美しい切れ味」を今に引き継いでいます。
 また、商品化の取組は本格的な打刃物に留まらず、「Knife&Lifeコンセプト」を基に、新たなブランド商品の研究開発に日頃、取り組んでいます。
 その中の一つ、「ERGO+2」は生活者の視点に立った、卓上用ペーパーナイフで、商品化から2年あまりで累積3000本を売り上げるヒット商品となりました。
 「ERGO+2」は第1回越前ブランドクラフトコンペグランプリ、2008大阪デザインセンターグッドデザイン賞を受賞しました。




福井県工業技術センター

タケフナイフビレッジ



タグ:福井県 近畿 金工品 素材 匠人