世界の森を旅する モザイクボード


 「世界中の木を見てみたい!触ってみたい」という材木屋の好奇心と「端材を捨てるのがもったいない!」そんなケチ根性から生まれた『モザイクボード』。
 北米の広大な森の代表・ブラックウォールナット、中南米の熱帯林からパープルハート、アフリカの灼熱の大地に根ざすブビンガ、北欧の寒風に耐えるヨーロッパビーチ、日本の広葉樹の王様ケヤキ・・・etc。
 材木屋の誇大妄想と情熱から、約15~20種類の広葉樹を厳選。一枚のボードのなかに異樹種が揃う事で今まで見たことも無い新たな森が生まれる。愛媛県林業技術センターにて強度試験(圧縮、引張、曲げ、せん断)実施済み。縁あって巡り会って木は、無駄なく大切に使い切る。
 さあ、新しい森の探検に出かけよう~!




愛媛県産業技術研究所



タグ:愛媛県 中国・四国 木工品 素材 技術