医療・福祉アパレル技術


 広島県は、紡糸、織、編、染色、縫製など繊維関連技術が集積した産地です。近年では新技術開発により、医療や福祉、高齢者向けのアパレル分野に取り組む事例が増えています。
●3次元メッシュ素材の積層の組合せで,身体状況に合わせられるマットレス
●刺繍技術を応用して、肘・膝の伸縮性を高め、緩衝機能を持つ柔らかデニム衣服
●伸縮に異方性のあるパワーネットを活用した肌着素材
●部位別に通気性、保温性、伸縮性、形状を変えられる編み加工により、手がかりがあり、色判別できる視覚障害者向け靴下(写真)、つま先を上げることのできる転倒予防靴下
 医療福祉分野では信頼性のあるエビデンスが求められ、大学との連携も盛んです。




広島県立総合技術研究所

公益財団法人 広島市産業振興センター

株式会社コーポレーションパールスター



タグ:広島県 広島市 中国・四国 織物 介護・福祉 素材 技術