ブドー酒(一升瓶ワイン)


 山梨県でワインが造り始められたのは、明治初期です。果樹栽培に恵まれた土地のため、ぶどうの生産地であった山梨県は国の指示により、政策の1つであるぶどう栽培とワイン醸造に従いました。この時はワインではなく、「ブドー酒」と呼ばれていました。
 ワインの酒税法がなかった1938年まで、ぶどう農家は余ったぶどうで身近にある一升瓶や2リットルの醤油瓶などに、どぶろくのようにワインを仕込み飲んでいました。ワインは専用のグラスに合った分量を入れて、テイスティングして飲むことが一般的とされています。しかし、昔の農家にはワイングラスはありません。当時は農家の身近にある深めの食器である“湯飲み茶碗”で飲まれていました。現在でも、この一升瓶ワインは県民生活の中に根付いています。




山梨県工業技術センター



タグ:山梨県 広域関東 食品 素材 技術