伊賀焼の土鍋


 三重県伊賀市周辺で生産されている伊賀焼。茶陶伊賀として名を馳せたその歴史は鎌倉時代に端を発するといわれ、様々な名品が残されています。
 その一方で古くから主力製品の一つとして生産されているのが土鍋、土瓶等の日用雑器です。
 土鍋のルーツともいわれる行平鍋(ゆきひらなべ;ふた付き、注ぎ口付きの片手土鍋)をはじめとして、現在も地元伊賀で産出される陶土を用いた手作り土鍋が生産されています。
 伝統の技術とデザインを基礎に、陶磁器産業としての新たな展開が期待されています。




三重県工業研究所窯業研究室伊賀分室



タグ:三重県 東海・北陸 陶磁器 素材 技術 匠人